ADFは便利です!!コピー、FAXを大量に使うには、コレが必要です。

どうも、プリンターアドバイザーの木下です。

今回は、ADFについて見ていきたいです!

通常コピーをする場合、コピー機の読み取り部分に原稿を置いて1枚づつコピーをする方が多いのではないでしょうか?

ただ、30枚の原稿を印刷となると、凄い手間が掛かりますね!

しかも、両面の資料となるとうんざりと言う感じですね!

前回から、紹介しているビジネス複合機にはこの機能ADFがほとんどの機種で付いてます!

ただ、各社によってかなり違いがありますので、見ていきましょう!

私が独断と偏見でランキングをつけてみました!

※あくまで、ADFについてのみのランキングです!

☆第1位☆

こちらは、両面可能で50枚まで可能です!

第2位

こちらも、両面可能で35枚まで可能です!

第3位

キヤノン PIXUS MX7600
キヤノン PIXUS MX7600
posted with amazlet at 11.02.14
キヤノン (2008-05-22)

売り上げランキング: 113633

こちらも、両面可能で35枚まで可能です!

第4位

こちらも、両面可能で30枚まで可能です!

第5位

こちらは、片面で50枚まで可能!しかしA3サイズまでOK

最近、スマートフォンの普及で電子書籍が注目され、自分で本を裁断し電子書籍にする方は、

俗に言う『自炊』する方が増えてます。

上記の複合機は、A4サイズの普通紙が対応のモノが多く、文庫や雑誌などスキャンするのは対応外となってますので注意してください。

そういった自炊をしたい方には、こちら

番外編

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
富士通 (2009-02-07)

売り上げランキング: 57

ただ、書類は抜群ですが、本や雑誌等の厚いモノは読み込めません!

裁断する必要があります!

ビジネスで使うには、ADFは必需品ですので、ぜひ検討してみてください!

片面対応のADFでも、別途ソフトを使うことで両面のデータに変換できるものもあるのでこういったソフトで対応は可能です!

第5位のMFC-6490CNは、現在5000円キャッシュバックキャンペーン中です。

3月31日(木)迄!2月1日以降に購入者対応です!記事は、こちら